Choose life 2011

<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧




「エレ片OMOSHIROライブ」行ってきました★

b0062337_21244869.jpg

(日本青年会館にて)

笑い疲れた~~

コントの間もコネタぢゃなくて、大笑い。映像に切り替わるのだが…CMのパロディーで、やっつんがキムタクがやっている整髪料をやったのが、最高!!

2階席だったので、ちゃんとオペラグラスを持参! が…笑いすぎて、途中で落としてしまった。
12月には、もうDVDが発売するそうです★(第一弾は、すでにレンタルされてますっ)
と、今まだ帰りの電車に揺られてる。まだ興奮さめやらず! 明日も頑張りますかぁ!

こんなに興奮してますが…一人で行ってきました。女一人で。。。いやいや、決して寂しいヤツぢゃないです。

「エレ片コント太郎 TBSラジオ」ホームページ http://www.tbs.co.jp/radio/format/elekata.html
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-28 21:24

ビックパフェ、2つ。

b0062337_17592266.jpg

b0062337_17592211.jpg


ビックパフェ、2つ。
私ぢゃないです。
甘党の相方一人で、2つたべました(店員は私の方に向けて置いたけど…)

店員さんに…1人、2つも食べる人いますか?って聞いたら…1人、1つはいますけどぉ(苦笑い)


案の定、おなかが痛いって言い出した(笑)
そりゃあ、そうです!
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-24 17:59

映画「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」★★★☆☆


面白かった。いくつか腑に落ちない場面もあったが・・・。
あのグエムルのリアルさに圧倒された。
此の手の韓国映画の好きなところは、気持ち悪いグロテスクなところを
ちゃんと描いている。人間の負をちゃんと描いている。殺人の追憶もそうだった。
冒頭からグエムルが登場して、このあともつのかなと思ったが 上手いこと
飽きずに見れた。アメリカ映画だとそこは、じらしてじらしてジャーンって登場する。が、グエムルは、ストレートに登場。その部分に着眼点がある作品ではないので納得。家族愛。この作品は!

親父のカンドゥのダメっぷりが、さらに娘に対する思いを引き立てている。
食事のシーンが好きだ。娘がいないはずなのに、そこにいる。一緒に食事をしている。
人間どんな極致になってもお腹はすく。眠くもなる。
そんな人間臭いところをきちんと描いているセンスが好きだ。
他の作品でよくコイツいつ寝てるんだよ!って突っ込みたくなる時がある。


ちょっとずつ小笑も入れている。
ダメ親父が店番をするシーン。
店のするめを食べてしまい、怒られるシーン。
お葬式のシーン。
麻酔をさせられるシーン。
おじいさんが死ぬシーン。


ただ、アメリカ軍が介入するところが分かりづらい。
また、なぜウィルスがいなかった事実を隠していたのか
グエムルの目的は(人を食べるのなら、下水溝に持って行かなくても・・・)
んん?? と思ってしまった。やっぱり流れは大切で、途切れてしまったら
いけない。細かいところをつっこんでしまう。


特に皮肉を込めたと思われるアメリカ軍の介入は、んん??と思った。
もっとストレートに描いてくれればスッキリしたのに。
腑に落ちない部分を流してしまっても、面白さがあった。

家族の個性がすごい
ダメおやじのカンドゥ(ソン・ガンホ)は、さすがです。「殺人の追憶」の印象からこのダメっぷりを見せつけられた。彼の存在観があっての作品だった。グエムル以上の存在観だ。

ナムジュ(ペ・デゥナ)は、しっかりしているように見えて肝心なところで外してしまう。でも、正義感が強くて家族思いなのが 一番伝わった。
個人的にペ・デゥナは、「リンダ・リンダ・リンダ」の女子高生のイメージが強かったが・・・やはり大人の顔も持っていることを目の当たりにした。
次男ナミル(パク・ヘイル)。正直一番印象に残らなかった。いや、他の人が濃すぎる。
娘ヒョンソ(コ・アソン)は、終止下水溝で泥だらけになっている姿だっった印象だ。
あまりかわいいとは言えないが、やはりおやじ目線で見ていくうちに情が湧いてくる。
しかも、お葬式の写真がやけにかわいく見えるから不思議だ。
父親ヒボン(ピョン・ヒボン)。せつない死でした。ダメ息子のせいで死んでしまったんだから。
でも少し苦笑いしてしまった。これが監督の笑いなんだと思った瞬間だった。


私の印象で一番大きなことは、たぶん同じアジア人が演じていること。
顔が近いだけで感情移入しやすい。
例えばハリウッドで同じものを作っても、やはりそれは娯楽映画という存在で終わってしまう。
しかし今回は、現実的に色々なことを考えた。グエムルは、人間の負の現れだ。



b0062337_17193693.jpg
b0062337_17194762.jpg



解説:
韓国の人々のオアシス、漢江(ハンガン)に突如出現した怪物を巡る事件に肉迫するパニック映画。怪物に娘を奪われた一家の奮闘を描く。情けない父親から一変、闘うお父さんを体当たりで演じるのは『南極日誌』のソン・ガンホ。その妹役を『リンダ リンダリンダ』のペ・ドゥナ、弟役を『殺人の追憶』のパク・ヘイルが演じている。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどを手がけたニュージーランドの WETAワークショップが、魚に似たリアルな怪物を作り上げた。

ストーリー:
ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に、謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてしまう。カンドゥは妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)らとともに病院に隔離されていたが、携帯電話に娘からの連絡が入ったことから一家で脱出を試みるが……。

製作年度 2006年
上映時間 120分
監督 ポン・ジュノ
製作総指揮 チョ・ヨンベ 、キム・ウテク 、ジョン・テソン
脚本 ポン・ジュノ 、ハ・ジョンウォン 、パク・チョルヒョン
音楽 イ・ビョンウ
出演 ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-21 17:20 | 映画紹介

映画「ユナイテッド93」★★★★☆

2001年9月11日—— 4機の旅客機がハイジャックされた。
3機はターゲットに到着。これは、その4機目の物語である。



酔った。気持ち悪くなった。
ちゃんとカットを切っているのではなく、手持ちカメラのようにつないでいるので
安定しない映像の上で字幕を詠んでいたら酔った。
ほんとんが、司令室でのやりとり。途中でついていけなくなりそうだった。
でも肩の力が抜けなかった。結末が分かっている分、見ているのが切なくて
辛くてやるせなくて・・・。いろんな感情があった。きっと言葉にするのは難しい。


9・11
私はあの頃、高校3年生だった。

朝起きると、テレビの画面にあの映像が繰り返し流れていた。
映画みたい・・・そう言ったのを覚えている。
なんだか気持ちが落ち着かなかった。学校に行く気持ちになれなかった。
日常を送る気持ちになれなかった。
それでも学校に行った。話題にのぼったが、やはり人ごとなのだ。
日常が始まった。友人と2人で騒いでいたのを覚えている。
なんで皆落ち着いてられるの??

でも状況が分からなかった私は、ましっぐらに政治・経済の先生のところへ行った。
どうして起きたのか?なにがあったのか?
先生は、時代背景を教えてくれた。



何が正しくて、何が悪なのか。誰が犠牲者で、誰が加害者なのか。


聞けば聞くほど分からなくなった。
其の答えは、今になっても分からない。きっと私だけじゃない。
だから争いは続く。

此の作品をみて、自分だったら・・・と感情移入した。
誰に電話をするのか。どんな行動をするのか。何を思ったのか。
それでも生きようとしていただろうか。全身に問いがぶつかってきた。


私は、あの9・11からの未来に生きている。
アメリカがとった行動。世界の動き。
何も歴史は変わっていない。


何が正しくて、何が悪なのか。誰が犠牲者で、誰が加害者なのか。



だから、此の作品が良いとか悪いとかは言えない。
これは映画であり映画ではない。事実なのだ。
ただただ忘れていたことを考えさせられた。
忘れちゃいけないんだ 9・11 。

あと何十年たったら、教科書に載ってただの出来事のひとつで
終わっていくのだろう。そして、この事実を知らない子供も成長していく。
私たちが戦争をしらないように。
だから、伝えることが必要だ。
それは、人間としての倫理観だ。
最低限の人間の心だ。

最後のシーンを見て涙が出た私はまだ人間として生きいけるように思う。

b0062337_11435124.jpg




解説:
アメリカ史上最悪のテロ攻撃事件として記憶された2001年9月11日の出来事を、当事者の視点から再現した衝撃的作。『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラスが脚本と監督を手がけ、4番目のハイジャック犠牲となった、ユナイテッド航空93便の乗員と乗客らが経験した未曾有の恐怖心をリアリスティックに描く。離陸からハイジャック、そして運命の瞬間までを時間軸にそって再構築し、悲劇の結末を臨場感たっぷりに伝える。

製作年度 2006年
上映時間 111分
監督 ポール・グリーングラス
出演ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス[女優] 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-20 11:44 | 映画紹介

映画「マイアミバイス」★☆☆☆☆


個人的にあまり得意ではないジャンルだ。と見ず嫌いもよくない。
アクションを見ても爽快感はあまり感じない。

麻薬密入の潜入捜査という全体的なストーリー自体、もうありきたりになっているように感じた。
さらに冒頭のクラブのシーンやジェットボートのシーン などカッコいいはずなのに、
私の目からはダサくていけてない。
かっこ良く描けば描くほど、そう感じてしまった。 
どうしても、ごまかしているようにしか思えないから。
ストーリーがなんとなく見えてるし、お決まりな感じだった。
そのお決まりは、スーパーマンなどとは印象が違う。
かっこいいだろって押しつけらている感じが、嫌なんだと思う。


2時間は長い!テレビ映画の劇場版リメークらしいが、正直ドラマで十分だった。
初めて映画館を出ようかと思ってしまった。時計を見ると上映からまだ1時間。また時計を見る。
すごいことに、私が飽きてきた頃にタイミングよくラブシーンが登場。
とりあえず、ラブシーンを入れとけばいいか的な臭いを感じた。
そう、お決まりの女と男の関係も浅い。浅すぎる。なにもドキドキ感がなかった。
最後の銃撃戦もそれほど盛り上がったようでもなかたし。

b0062337_11375047.jpg


解説:
80年代に人気を博した伝説の同名TVシリーズを、オリジナルのエグゼクティブ・プロデューサーでもあるマイケル・マンがリメイクしたアクションムービー。国際犯罪が頻発する危険都市マイアミを舞台に、マイアミ警察の特捜刑事コンビ、ソニー・クロケットとリカルド・タブスが活躍する。主演は『アレキサンダー』のコリン・ファレルと『Ray/レイ』のジェイミー・フォックス。実力派2人のクールな刑事ぶりと、マイケル・マンならではの迫力の銃撃戦が見どころ。


ストーリー:
合衆国司法機関の極秘情報がドラッグ密輸コネクションに漏洩(ろうえい)する事態が発生。それを受け、マイアミ警察特捜課(バイス)の刑事コンビ、ソニー・クロケット(コリン・ファレル)とリカルド・タブス(ジェイミー・フォックス)は南米に飛び現地の犯罪組織と接触し、情報が漏れた原因を見つけ出す任務を任された。

製作年度 2006年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 132分
監督 マイケル・マン
出演コリン・ファレル 、ジェイミー・フォックス 、コン・リー 、ナオミ・ハリス 、エリザベス・ロドリゲス
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-20 11:38 | 映画紹介

大光寺圭、ライブ 2006・9・18

b0062337_17194265.jpg


7月にメジャーデビューをした大光寺圭サンのライブに行ってきました。
lN海老名ビナウォークにて。。。


歌を歌い、 前に進んでいる彼女の姿が眩しくて、
羨ましくて、
憬れ…
全身で私に問い掛けてくるようだ。


あなたは、頑張っていますか?
楽しんでいますか?
いつも再認識させられる。


そして、聞いている人を含めて人の温かさを体感した。


大光寺圭(だいこうじけい)デビュー曲「待ち合わせをしましょう」ヨロシクですっ。



「大光寺圭」公式ホームページ  http://www.kei-daikouji.com/
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-18 17:19

パスポート、ゲット!

b0062337_15483842.jpg

b0062337_15483832.jpg


いやぁ~、やっとパスポートをゲットしました。

どの国に行こうか…
今、韓国にはまっている友人に、誘われています(笑)ハンパぢゃないですから!ドラマはもちろん、韓国語も勉強して…カラオケでは韓国の曲を歌うし。


横浜まで受け取りに行ったついでに、ブラブラ。歩くのが楽しい街だ! やっぱり落ち着くなぁ~。 赤レンガ でステキな雑貨屋さんを見つけた。。。

今度は、自転車を借りてもっと探索しようっと★
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-17 15:48

おとなこども。

b0062337_15412324.jpg

b0062337_15412387.jpg


小学校の運動会に行った。弟とは、だいぶ年が離れている為、母親だと思われてしまうくらい(笑)

小さなカナダでがむしゃらに、楽しんでいる姿を見ていると…あの頃に戻りたいって気持ちと、子供が欲しいなって気持ちになった。
とにかく、大人の社会でもまれている今日この頃の生活に、少し刺激をもらった。純粋な気持ちになった。


ちなみに、玉入れに参加してしまいました!結構、楽しかった☆
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-17 15:41

喝(かつ)。

肌寒くなってきた。
夏が終わった…。

去年の今ごろ私は何をしていただろうか?

学校に通って…
就活して…
焦って…
イライラして…
自分しか見えなくなって…
人に当たったりして…


それでも、見守ってくれる家族がいた。
いつもと変わらない友人がいた。
気にかけてくれる人がいた。

いろんな人の顔が浮かんだ。

あの頃の優しさを忘れるなよ!今の自分。これからの自分。
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-13 14:45

映画「マッチポイント」★★★★☆

“運に恵まれた”男がたどるシリアスな人間ドラマ



愛に負けるか。欲に勝つか。運が決める…
欲望と運に翻弄される、男と女。運はどっちに転ぶのか?


正直なところ、私は「マッチポイント」というタイトルを見て
テニスプレイヤーの熱いストーリーかぁ と勝ってなイメージを膨らませていた。
しかし監督がウディ・アレンという事を知り、興味をそそられた。
彼の作品を多くは見ていないが、訴えることがストレートでいて ちょっと皮肉っているところが好きだ。
ということで、今作の知識がないまま 映画館へ!!!
平日の夜。横浜。 観客は、10人くらい。


最初のシーンが印象的だ。テニスの玉がネットのあたり、相手のコートの落ちるのか
自分のコートに落ちるのか。(はじめてマッチポイントの意味を知った)
それだけで、監督のメッセージがズバッと伝わってくるからすごい!!
この軸が最後までぶれずに、いちいち確信をついている。



あと1点でゲームの勝敗が決まる、最後の得点。
欲望と運に翻弄される、男と女。運はどっちに転ぶのか?



はじめの段階では、イギリスの上流階級のお話なのね。とかかって見ていたが
これが次第にのめり込んでいく。
なぜなのだろう??きっと誰もが彼のような野心があって、それでも無理だろうと
諦めて生きている。その代弁をしてくれているようだ。
しかも運がよく、順調に進んでいく。映画の世界だからな・・・と思った。
でも、やはり人って上手くいかないもので、欲を出せば出すほど足をすくわれる。
ただ自分が幸せに生きたいだけなのに。
妊娠しない妻。妊娠した愛人。相対する状況が、またのめり込んでしまう。

この状況って、ドラマ「不信のとき」に似ている。

でも、どこかおしゃれなのだ。これは音楽の力(オペラ)だったり
イギリスの町並みだったりが演出しているからでしょうか。

これは、どうやってオチがつくのだろう。と期待した。あーやっぱり愛人を殺してしまうのね。やっぱり、やっぱり。そして欲を出した人間はこうやるのね。警察に疑われて捕まるんだ。と結論を自分なりに出していた。その後、愛人と巻き添えを食らった隣人が 幻想となって彼の前に現れた。 場内では「えぇぇぇぇ」という声が聞こえた。そんなところも好きだ。

しかしオチが予想に反していた。

あと1点でゲームの勝敗が決まる、最後の得点。
欲望と運に翻弄される、男と女。運はどっちに転ぶのか?


運は彼に向いた。そのシーンがうまい!!!
冒頭のテニスのシーン活きている。

感情では、この男がぬけぬけと生きていくのが悔しい。
でも作品的には、まいった!!と言ってしまいそうになった。
いやぁ、面白かったです。

個人的には偶然で起きているようなことも、それは今までの生き方や身のこなし方
前世にも関わって必然的に起きているように思う。
自分の行動ひとつも意味があって、それを取り巻くモノやヒトは 必然的に導かれている。
そう思って生きています。
じゃあ、此の作品もひねくってみて見ると、偶然(運)・・・・必然・・・???



b0062337_156465.jpg



ストーリー
アイルランド人のクリスは、英国の上流階級に憧れる野心家。高級テニス・クラブのコーチになり、金持ちの息子・トムと親しくなる。ある日トムに誘われてオペラに行くと、トムの妹・クロエに気に入られる。やがて交際が始まり、クリスはクロエの父親の会社の社員になり二人は結婚、クリスの人生は前途洋々に見えた。しかしクリスはトムの恋人・ノラとも浮気を続けていた。ノラを愛しているが、クロエが与えてくれるリッチな生活も手放せない。自分の人生を完璧にするため、クリスは殺人を思いつく…。


脚本・監督:ウディ・アレン
キャスト:スカーレット・ヨハンセン
     ジョナサン・リース・メイヤーズ
     ブライアン・コックス
     マシュー・グード
[PR]



by bantan_hq_21 | 2006-09-12 15:10 | 映画紹介

大人になるって大変だな。社会にもまれながら、色んなことを吸収している日々。そんな日々を書いてます!
by bantan_hq_21
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧