Choose life 2011

<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧




青春凝縮映画★『リンダ リンダ リンダ』★★★★★


ずっと気になっていた映画。やっと見にいきました。
はじめから最後まで、私が過ごした高校時代が重なり
あの頃の気持と熱いココロが蘇ってきた。

ひとつひとつの描写やセリフが、自分の記憶と重なる・・・。
なんで、この監督はこんなに懐かしさをくすぐるツボを知っているのだろう
と思ってしまう程。そんな映画をみて自分のコトを思い出していた。

私も、高校時代に女子バンドを組んでいた。
なんとなくギターがやりたかった私は、気づいたらギター欲しさに無我夢中に
バイトをしてGET!!
1つ目のバンドは、あの当時絶大に人気だったGLAYのコピーバンド。
女子なのにGLAYを演奏するということでけっこう人気があった。
でも、女の子に付き物の人間関係が崩れ解散・・・。

その後組んだ2つ目の女子バンド。
私の人生で、此のメンバーと出会い一緒の時間を過ごせたことはとても
大きなものだった。。映画同様、ほとんど皆初心者。でも気持ちだけ
熱くて真っ正直に音楽が好き,そんなヤツらだった。
性格も、映画の主人公達に似ている。
作品中のベース・望 のように、多くは語らないけど、実はすごく情熱的。  
そして、熱くなりすぎたメンバーに、ボソッという一言が芯をついている。
ギター・恵のように、すごくきれいでなんでも器用にこなしそう・・・しかし
実は不器用で頑張り屋。
演奏する曲は、ジュリマリ・B-DASH・モモノミコト・ラムネのコピーそして
オリジナル。
不器用なヤツらだけど、すごくステキなヤツらだった。高校を卒業しても気持ち
は変わっていない私たち。
もちろん、あの頃もブルーハーツをやっていたバンドもあった。他に人気だった
のはミッシェルガンエレファント・イエローモンキーをやっていたバンド。

b0062337_20262380.jpg
b0062337_20262412.jpg


作品中では、鳥肌が立った描写やセリフたち。

クラスでの準備を抜けて、バンドの練習に行く姿。
「○時には戻ってくる!」

部長と副部長が顧問に呼び出される。

体育館に演奏機材を運び出す

演奏練習の音が、校内に響き渡る。

演奏が上手くいかなくて心がバラバラになっているバンドメンバーの空気感。

曲を決める時のたわいも無い会話。
「あー、(スコアブックに)ジュリマリってあるなぁ」
「去年、誰かやってなかった?」
「あ松山さんだ。やってた、チャコさんとかと」
「じゃダメだ」
「いや、ダメってこたぁないけど」
「椎名林檎は?」
「三日じゃ無理。アタシ無理。」
「デリコ、あ・・・・・・」
「うん,マミんとこ」
「うん・・・・・・・・(ため息)」
「・・・・・・パフィーとか?」
「マジ言ってる?」
「うそ」
「あんた歌う?」
「ごめん」

そして、なんと言ってもライブの盛り上がる瞬間の鳥肌立つ感覚。
音楽の力って、すごいなということを改めて実感しちゃいました。
たくさんの青春が凝縮している映画だった。

その後、友人と共にユーロスペース、レイトショーにて公開『ある朝スープは』
を続けて観に行った。

家に帰って、ギターをかき鳴らした私でした。

公式サイト http://www.linda3.com/
[PR]



by bantan_hq_21 | 2005-08-30 20:26 | 映画紹介

試写会「チャーリーとチョコレート工場」★★★☆☆

昨晩、久しぶりに試写会へ行ってきました。

  「チャーリーとチョコレート工場」

東京厚生年金会館・18:30~だったのだが・・・・・・・
アルタのビジョンでは、台風が関東に来るというニュースが流れていた。
行くのを止めて今のうちに帰ろうかと、一瞬思ったが
どうしても見たい一心で会場へ向かった。
会場の中は、台風はどこへやら すごいたくさんの人で溢れていた。


b0062337_22312510.jpg

b0062337_22321265.jpg

b0062337_22312239.jpg




映画の内容は、洋書で読んでいたので あのティム・バートン監督がどう描くのか

とても興味津々だった。彼の作り上げる世界は、鮮やかでファンタジーっぽい。

が・・・・・現実離れしていなく、ちゃんと地に足が着いている。

そんな世界観が私は好きだ。今回の作品もその感覚がぴったりと当てはまっていた。

そして、今回はジョニー・デップが主演するということで、さらに期待大!!!

あの「シザーハンズ」をはじめて見た感動を思い出していた。

はじめ貧乏な少年に同情し、ちょっと干渉的になっていたかと思えば、チョコレート工場

の様子が描かれているシーンでは、爆笑!!!そして最後には、泣いてしまった(ホントに)



帰り際には、「さすがジョニー・デップ演技すごいよね」「ちょーおもしろかった!!」
      
という声が、あちらこちらから聞こえてきた。

大人から子どもまで楽しめること間違いなしの作品。

9月3日には、監督はじめジョニー・デップが来日するらしい。雑誌で来日記者会見に

参加できる権利が当たる!!という記事があり、さっそく応募しました。

当たるといいなぁぁぁぁぁぁぁ。あまり欲を出さない方が当たるかも。
今回の試写会もそうだったし。
あと映画館のグッズ販売コーナーでは、すでにいっぱいのグッズが売っていましたよ!!
あの鮮やかな作品だったら、いろいろなグッズが出来そうだもんね。
特に下敷きなんて可愛かった。

9月10日公開
公式ホームページ http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/

作品紹介
 ウィリー・ワンカのチョコレートは、とても美味しいと評判で、
世界中の子供たちに愛されている。
だがある日、ワンカはその美味しさの秘密を探るライバルたちの
過熱ぶりに嫌気がさし、工場を閉鎖してしまう。
しかし、ある時突然、ワンカは世界中で販売されているチョコ
レートの中に5個分だけ当たり付きがあり、それを手に入れた
人だけ工場に招待すると発表。やがて幸運な5人が決定する。
そのひとり、チャーリーはジョーおじいさんと一緒に、
いよいよ工場の中へ足を踏み入れるのだが…。
[PR]



by bantan_hq_21 | 2005-08-26 22:37 | 映画紹介

真夜中、一人映画祭 開催中!!!★★★★★


 夜中に映画を見ることが好きな私。

よなよな、借り貯めしたDVDから、何を見ようかを選ぶ。
テンションが高いと立て続けに2本見る。そして気づくと朝の6時。

最近見たのは・・・

        「ニュースの天才」  「ラリー・フリント」  「クリスマス・クリスマス」
        
        「恋に負けない」      「2001年宇宙の旅」 「下妻物語」
     
        「ゼブラーマン」      「エレファント」  「二人の男とひとりの女」
 

劇場で見ようと思っていたのに、見逃した作品を見てる傾向にあることが
今分かった。
特に「ニュースの天才」とか「エレファント」のような実在の話が元になっている作品を
見ると、いろいろ考えてしまう。


b0062337_12274713.jpg



「ニュースの天才」・・・新聞やニュースの信頼性は、どこまであるのか?
             今、私が見ている情報は、本当なのか?
             私が、こうやってブログを書いている時にも、どこかで人が死んだり
             生まれたり・・・残虐な事件が起こったり、幸せそうに笑っている人が
              いたり・・・。
             自分の知らない世界が同時進行で動いている。それは事実なのだが、
             どこか疑っている自分もいる。
             だからこそ、真実を伝えるモノ(媒体)の存在は、重要なのだ。
             しかし、この作品のように歪められてしまうときもある。
             その事実をこの作品で知ったように思う。



 でも、映画館で見るのもやっぱり最高です!!
ここ最近見たのは・・・
              「うぶめの夏」 「亡国のイージス」 「アイランド」
 今年に入って、30作品くらいは映画館で見ていますっ!!やっぱり、あの空間で
見るは、ちょっとした冒険をしているよう。



他の作品について メルマガ で、語っています!!
ここから見れますよっ★☆

http://www.mag2.com/m/0000139626.html



今日は、どのDVDを見ようかな???
 決めたっっ!!!   「パルプ・フィクション」 にしよう!
[PR]



by bantan_hq_21 | 2005-08-13 22:30 | 映画紹介

たこ焼きパーティー


 この前、関西出身の友人宅にて 「たこ焼きパーティー」をやった。

学校の友達5人で集まったのだが、このメンバー それぞれ専門学校は
一緒なのだが、目指しているものがみんな違いクラスもバラバラ。
だからか、いつも私はこの仲間から、良い刺激をもらっている。
自分と違う視点を持っていて、違う才能がある人達。

スーパーで、材料を買う。知らない間に、カゴにアイスが入っている。

家について、たこ焼き機を囲んで真剣に、たこ焼きをクルクル回す。

そして、たわいもないおしゃべり。学校のこと・映画のこと・将来のこと・恋の話・・・。

ある時間は、皆でテレビを見る。 「しゃべり場」 あるヤツの意見に、テレビを前に皆で
どうこう語る。 しかし気づいてしまったことが・・・『しゃべり場に出れる資格はただひとつ
あなたが10代だということだけ・・・』 というナレーション。 
うぅぅぅぅぅぅ、痛い言葉が・・・10代、10代、10代。うちらには資格が・・・ない・・・。



こんなたわいもない時間が、とても楽しかった。

夢に向かっている途中の私たち。すてきな大人になっていますように。
[PR]



by bantan_hq_21 | 2005-08-09 22:41 | ひとりごと

マンガ★ハチクロ

めちゃめちゃ感動!!!

 マンガ  「ハチミツとクローバー」 

友達がもっていたが、はじめて絵を見た印象がフワフワしていて
ちょっと苦手なタッチだったのを覚えている。

私は、ほとんどマンガは読まないが、唯一読んでいるのが
矢沢あいの作品だ。 なぜというと、絵が好きだがら・・・
絵の印象から読むか読まないか決めてしまう。

だから、今回も読む気0%でした。
が、友達から熱く語られ、なんとなく借りることにした。


そして、読み出すと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


めちゃめちゃ、いいじゃんこのマンガ!!!!!
どっぷり、はまってしまいました。
貸してくれた友達に感謝です。


登場人物は、マンガ特有の大げさなアクションや恋、状況ではなく

みんな等身大なのだ。みんな地に足をつけて、恋をしたり進路に迷ったり

自分の壁にぶつかっていたり。

誰もが思うことが凝縮されている。

私の印象的な場面。

登場人物の一人が 就職活動をはじめ、本当に自分のやりたいこと

ってナンだろうと疑問を持ち、衝動的に自転車の旅に出る。

帰ってきた彼には、何もなかった。それでもいいのだ。何もなくてよかったんだ。

この作品の中には、ステキな言葉がたくさんある。
きっと自分のココロに響く言葉が存在するとおもいます。


クラスの中では男女問わず、みんなはまっていますよ。

今回、思ったことは先入観で毛嫌いしないで、時には無心でやってみると
新たな世界が見えるんだなと思いました。

「ハチクロ」サイコー★☆
[PR]



by bantan_hq_21 | 2005-08-05 22:23 | ひとりごと

速水もこみち 見ちゃいました 第2弾


 だいぶ前に、私の通っている学校がある某駅ビルで
 
 速水もこみち を見ちゃいました! と書いたんですが、



先週、学校の近くのコンビニで またまた 見ちゃいました。

今度は、もこみちファンの友人とコンビニでお昼ごはんを買って

コンビニを出たら、ちょうどそこへ 入ってくる人が・・・。

めちゃめちゃ、背が高く顔が小さい。その顔にはサングラスが・・・。

かっこいいと言わざるおえないでしょ!! この状況は!!

あまりファンではない私も、もこみちファンの友人の興奮した姿に

影響され、一緒にはしゃいでしまった。

前回、ファンの皆さんからコメントをたくさんいただき、

あまり興味のない私にとって、皆さんに申し訳ないかぎりです。

どこで見たのかというコメントもありましたが、一応プライバシー

の為、その答えは控えたいと思っています。あしからず

では、また何かあったら報告していきます★
[PR]



by bantan_hq_21 | 2005-08-02 00:12

大人になるって大変だな。社会にもまれながら、色んなことを吸収している日々。そんな日々を書いてます!
by bantan_hq_21
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧